勤務先の給料未払によりつなぎの生活費等で借金を負ってしまったTさんのケース

相談前事例

 Tさんは平成15年から株式会社Fに勤務していました。しかし平成19年に入ってから給料が遅れがちになりました。給料が遅れる都度に消費者金融から借り入れをしました。平成12年に家を買っており、それまでは住宅ローンも順調に支払ってきましたが、平成20年6月からは給料が一切入らず、平成21年の3月には倒産しました。その頃までに生活費と住宅ローン、消費者金融への支払いで加速度的に借金は膨らみ、平成21年の6月には800万円を超えるほどになりました。固定資産税等の税金を50万円滞納し、月々の返済は住宅ローン以外に8万円、住宅ローンの支払いは9万円でした。

 

解決方法

 平成21年に当事務所へ相談に来ましたが、再就職先もなかなか決まらず、しばらく当事務所との面談、生活のやりくりの相談をしながら就職活動に専念する時期をすごしました。平成22年になってやっと再就職先が見つかりました。安定した給料が見込め、子供が少し手を離れたので奥さんも働きだしました。家は失いたくないということでしたので、小規模個人再生を使うこととしました。住宅ローン1200万円はそのまま支払いますが、800万円の無担保債務は160万円に減額され、3年間無利息で支払うこととなりました。3ヶ月に1回約15万円を支払うように決定が出ました。

 

解決後

Tさんの言葉

 「今は順調に支払いを続け、平成26年には終了の予定です。家を手放さなくて済んだため、子供の学区の変更もなく、近所付き合いもそのまま、引っ越し等の煩わしい手続きは一切不要でした。先生に家計も見なおしてもらい、生活費で毎月余る5万円を通帳に預金していくだけで、特に無理な生活はしていません。一時は会社も倒産し、どうなることかと思いましたが、家だけは守れたので、本当に良かったです。

お知らせの最新記事

解決事例の最新記事

住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る