住宅ローンと携帯電話料金の滞納

住宅ローンと滞納、その対処方法

 最近増えている相談案件で、勤め先にも問題なく、収入的にも十分なのに、新築の際のローンが通らない、または金利の安い住宅ローンへの借り換えができない、という相談があります。

 しらべてみると携帯電話料金を複数回滞納しており、事故情報として載っていたため、審査が通らないとのことでした。

 事故情報というのはいわゆるブラックリストです。カードの支払の1,2回は遅れてもいいだろう、たまたま引き落としが間に合わなかった、携帯電話が複数あって気が付かなかった。理由は様々でしょうが、延滞の履歴はしばらく残ります。

 いざという時に慌てないように、支払いはきちんとしておきましょう。

 なお、そのような状況でも住宅ローンを通す方法がありますので、心当たりある方はご相談下さい。

お知らせの最新記事

住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る