私たちが皆様に選ばれる理由

新しい生活をバックアップ!専門家が生活再建の後押し

_DSC9083債務整理は借金整理ではありません。借金0や、過払い金を取り返すことが目的ではありません。借金が多額になってしまった原因、支出のほうが収入より多いことがもともとの問題です。
「収入 ≪ 支出」
この状態を解決しないと、本当に債務を整理したことにはなりません。

たとえ「自己破産手続き」や「小規模個人再生手続き」をしたとして、借金ゼロからのスタートでも、収入より支出が上回ればすぐにマイナスの状態になります。

「過払い金の回収」も、一時的には入金があるので生活再建できたかのように見えますが、時間が経てばマイナス状態になることは目に見えています。

つまり生活自体を収入の範囲内で支出をおさめられる様にしないと本当の意味の債務整理とならないのです。
「収入 ≫ 支出」
となることが本当の借金問題の解決です。

私達の事務所では家計の見直しから入ります

_DSC9130具体的には家計簿をつけて頂き、なんとなくわかっているような家計を客観的に見るようにします。すると削るべき支出と削られない支出、注意すべき支出等がわかってきます。

その1~2ヶ月で家計を把握してもらい、債務の状況を調査し、ゆっくりと方針を決めていきます。あせって、急いで方針を決めることはいたしません。数ヶ月であれば債権者も待ってもらえます。

また、借金の支払いは一時停止しますので、すこしずつでもお金がたまります。なにより依頼者の方の気持ちを一番に考えますので、その間色んなお話をし、依頼者の方にとってどの方法が一番適しているか、その方法で依頼者の方が納得するかを優先します。

_DSC9236この時間をかけた状況把握が一番大切だと私達の事務所は考えています。

状況把握せず任意整理で月々支払えそうな金額で安易に和解してしまうと、決着は早いのですが、ゆくゆく支払いに困ったり、破産を進めても依頼者の方の思いと異なったり、いつまでも後悔をし続けないといけないかもしれません。

女性司法書士による「女性の為の債務整理相談」

_DSC9148債務整理の相談にいらっしゃる実に4割程度は女性の相談者様です。
女性の借金問題は男性の借金相談と性質が違う事が少なくありません。

「生活の為の借金をご主人に話せない・・・」
「お買い物が嵩んでしまって、つい・・・」

この様な女性の方からの相談は、男性の相談員には話しにくく、また、男性相談員にとっても理解しにくい部分も多少あるかも知れません。

当事務所には、債務整理相談経験豊富な司法書士が在籍しておりますので、「男性の専門家には相談しにくい」という方は、面談のご予約を頂く際に、お気軽にその旨をお伝え下さい。
女性の方でも安心してご相談いただける様な体制をとっております。女性の皆様も安心してご相談下さい。

土日祝日夜間相談可能(要予約) 個別スペースでプライバシー保護

当事務所には様々な方々からご相談をお寄せいただきますが、相談に来所いただける曜日や時間帯もバラバラです。そこで、当事務所は、皆様のライフスタイルに合わせてご相談に対応させていただきます。
当事務所は土曜日や日曜日にもご相談に対応いたします(事前予約が必要です)。また、祝日についても事前にご予約いただければご相談に対応させていただく事が可能です。

住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る