任意整理の流れ

「債務整理の流れ」は以下のとおりです。

1.契約後その日のうちに債権者に受任通知書を発送

通知が届いた時点で、請求が止まります。また、借金の額を確定させるために新たな借り入れ・債権者への支払は一切ストップします。

矢印

2.債権の調査

司法書士がこれまでの取引経過・債権額・取引内容を取寄せます。

(1週間から1ヶ月) 

矢印

3.家計簿をつけていただきます

家計支出の正確な把握と、支出に無駄がないか確認します。

矢印

4.債務の確定

債権者から取り寄せた資料を利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します

矢印

5.司法書士と面談

いままでの家計表から支払える金額を算出し、自分の収入の範囲内で、無理なく返済できる計画を検討します

矢印

6.司法書士と業者との間で和解交渉を行います

※但し、司法書士が和解交渉できるのは、司法書士の代理権の範囲内に限ります。

 

司法書士に依頼すればすぐに取立てを止めることが出来ます。まずはお問い合わせ下さい。


住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る