スタッフ紹介

代表司法書士 笹井 貴宏

代表司法書士 笹井 貴宏司法書士資格

行政書士資格

2級小型船舶操縦士(旧船舶4級)
ファイナンシャルプランナー

簡裁代理関係業務認定 第124044号
広島司法書士会所属 会員番号675

 

経歴

昭和46年4月19日 安芸郡府中町にて誕生
平成3年4月 府中中学校、安芸府中高校を経て広島大学法学部入学
平成7年3月 広島大学法学部卒業
平成7年4月 広島大学大学院 社会科学研究科 法律学専攻 入学
平成10年3月 広島大学大学院 社会科学研究科 法律学専攻 卒業(修士)
平成10年4月 笹井司法書士事務所開設(安芸郡府中町)
平成22年2月 広島市中区西白島町へ事務所移転
平成12年5月〜平成14年5月 広島司法書士会 消費者問題対策委員会委員
平成13年5月〜平成17年5月 広島司法書士会 中四国ブロック新人研修委員
平成14年5月〜平成19年8月 広島司法書士総合相談センターリーダー
(旧広島司法書士少額裁判サポートセンター)
平成15年5月〜平成17年5月 広島司法書士会 本会理事(研修部)
平成18年3月〜平成19年3月 広島司法書士青年会 会長
平成18年5月〜平成19年5月 広島司法書士会ADR準備室委員
平成19年4月〜平成21年4月 広島司法書士会 広島支部 理事
平成19年5月〜平成21年5月 広島司法書士会 綱紀委員会 委員
平成21年4月〜平成23年4月 広島司法書士会 広島支部 監事
平成23年5月〜平成25年5月 広島司法書士会 本会理事(総務部)
平成25年5月〜現在 広島司法書士会 規則31条業務開発委員会
平成25年5月〜現在 広島司法書士会 非司調査委員会

司法書士になったきっかけ

代表司法書士 笹井 貴宏私が司法書士を目指した理由は、当初不明瞭で、大した理由ではありませんでした。

親が自営業をしており、大学生の時にあまり自分がサラリーマンになるイメージが湧きませんでした。本屋で本をめくっていると、目に入ったのが司法書士という資格です。法学部に入ったことだし挑戦してみようかというのが最初の動機です。

しかし仕事をしているうちに、こんなに人に感謝される、ありがたい職業は無いと思いました。何もわからなくて困っている方、対処の仕方を知らないで悩んでいる方が事務所に相談に来られ、一緒に考えて解決に向けて動き出した時、顔色が変わって明るくなってお帰り頂く姿を何度もお見かけするうちに、今ではこの仕事に非常にやりがいを感じています。

 

司法書士 湯本 儒代

司法書士 湯本 儒代主 な 資 格 免 許

司法書士資格
離婚カウンセラー資格
簡裁代理関係業務認定 第324074号
広島司法書士会所属 会員番号703

経歴

司法書士 湯本 儒代昭和48年2月28日 誕生
平成3年4月 島根大学法文学部法学科入学
平成7年3月 島根大学法文学部法学科卒業
平成9年 司法書士試験に合格
平成10年 山口県にて湯本司法書士事務所開設
平成12年5月 笹井司法書士事務所に入所

趣味
パン作り

平成20年にABCクッキングスタジオにて、ブレッドライセンスを取得しました。ライセンスは特に活かしてはいませんが、自宅で手作りパンを焼きます。手捏ねして、生地が発酵して大きくなってくると、「かわいいなぁ❤」とパン生地を育てている気分になります。焼きたてのパンは幸せです。ロールパン、食パン、クロワッサン、菓子パン、惣菜パンやピザなども作れます。

おいしい紅茶探しとお茶の時間

マリアージュやムレスナティ、ルピシアなどの紅茶が好きです。色々な味を試したり、新しいお店や一緒に食べると美味しいお菓子も探してみたり…と楽しみが広がります。

フルート

小学4年生から中学卒業まで6年間吹奏楽部でフルートを担当していました。時間があったら、レッスンに行ってみたいです。子供がピアノを習い始めたので、いつか一緒に演奏するのが夢です。

読書

小さい頃から本を読むのが大好きで、友達の家に遊びに行っても一人で本を読んでいるような子でした。ジャンルは問わず、なんでも読みます。時間を忘れて、読みふけってしまうのが悪い癖です。遠藤周作・司馬遼太郎・大江健三郎・宮部みゆき・高田郁の本をよく読みます。

 

事務所からのあいさつ

スタッフ一同人間は弱いものです。

きっかけは小さなことであっても、気がつけば大きな借り入れになっており、冷静になるともう自分の収入では返済していくことが できない状態になっている事があります。借り入れをしてまじめに返済してきた人ほど多重債務に陥った時に、次の返済について悩み、深刻な面持ちで当事務所 へ来られます。

このホームページを開設した理由は様々な事情を抱えて、返済を続けてきた方へ、破産以外にも道があるということをお伝えするために作成しました。

「はらえないので破産しかないですよね」
「家を失いたくないんです」
「家を手放して同じ地区で別の借家を借りたら親が近所に恥ずかしい思いをするし、別の地区に移れば学区が変わり子どもたちがつらい思いをします」
「家や車はないのですが破産はしたくありません」
「親がどうしても破産はするなと言っています」

上記のような悩みの人は、個人版民事再生を使うことで問題解決できるかもしれません。

本当に困っている方と、本当に必要な手続きは何か、十分話し合いをしたうえで、継続可能な方法で、いまある借金の無くし方・単なる月々の返済の減らし方という表面上の問題にとらわれることなく、根本的な解決を目指します。
ですから、当事務所では家計簿をつけてもらうことが必須となっております。つけて頂いた家計簿を元に通帳と照らしあわせ、当事務所にて集計します。
家計簿作成は、毎日の積み重ねなので大変ですが、今までなんとなく支出していたお金が、何に使っているか具体的になり、きちんと把握できることになりま す。また、はっきりと目に見えることで何にお金を使いすぎているのか、どこを削ったらいいのか、対策を取ることが出来ます。そういった少しずつの見直しや 工夫と、この手続を利用することによって、支出の多い生活から脱し、たとえ少しでも、きちんと貯金のできる家計へと変えていくことができるのです。

借金の問題は必ず解決できます。

しかし、遅くなればなるほど、打つ手が限られて、選択肢が減っていくことが多いです。

悩んでおられる方は、早めにご相談ください。

司法書士 笹井貴宏 司法書士 湯本儒代


住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る