2度目の債務整理について

○2度目の債務整理でも行うことはできますか?

過去に債務整理を行っている方でも、2度目の債務整理を行うことは可能です。
債務整理の中でも、特に任意整理は、回数制限はなく、極論、債権者が応じてくれれば何度でも債務整理を行うことができます。

ただし、回数を重ねるごとに債権者の同意が得られない可能性が高くなります。
また、自己破産や個人再生など一定期間あけなくてはならない場合もございますので、注意が必要になります。自己破産であれば7年間ほど間を空ける必要があるため、一回目に自己破産を行っている方は別の債務整理方法を検討すべきでしょう。最適な債務整理方法については当事務所にご相談いただければご提案をさせていただきますので、当事務所にご相談ください。

○2度目の債務整理を申請する方々はこんな人(よくある相談事例)

1度目の債務整理が任意整理だった場合、減額された借金が、失業してしまった・会社が倒産してしまったなどの理由により返済できなくなり、2度目の債務整理を希望するという方、また、1度目の債務整理が債務者本人の収入と支出の把握を十分にしないまま、債権者と返済回数と金額を合意しており、返済自体に無理が生じた方、というのが少なくありません。

任意整理の手続きは、債務整理の中でも比較的簡単に済ませることが可能です。
しかし、借金が高額だった場合、借金を減額しても返済できなくなるケースは非常に多いのです。

そのような方には、当事務所の専門家が皆様のお話をよくお聞きし、状況を把握した上で、個人再生か自己破産などの方法をご提案することが多いです。同じ債務整理方法をとることは債権者から認められないケースも多く、別の方法をとることが望ましいでしょう。

○2回目の債務整理の特徴

上記の通り、2度目の債務整理は1度目とは異なる方法をとることが望ましいです。
その中でも、1度目が任意整理で、2度目は個人再生か自己破産の手続きをお願いするケースが多くなっています。

例えば、個人再生であれば裁判所を通じて、債権者の同意なしに借金を減額できる可能性があります。
自己破産も同様に債権者との交渉無しに進めることができます。ただし、自己破産の場合は免責が降りるかどうかも焦点となりますので、任意整理をしても支払いが厳しい状況であった原因を明確にする必要があります。

債務整理に関するご相談は初回無料で行っておりますので、お早めにご相談下さい。

住宅を残して借金を返済したい方は お任せください!0120-73-3310

個人再生相談解決事例・当事務所からのお知らせ

広島個人再生相談室の強み

TOPへ戻る